【本当に悪いのは誰?】モンスターペアレントの正体

こんばんは!さこだこうきです!

連載企画も一段落したので、普通のブログを書いていきます。

 ◆親の愛が凶器に変わる。

さこだは、これまで様々な年代の子ども、そして保護者様と接してきました。
(生徒に関しては、下は小学校入学前のお子さまから上は社会人まで。)
その中で、子どもの幸せのことを考えていない親はほとんどいませんでした。
みんな、我が子がかわいくて仕方無くて、心から幸せになってほしいと願っている保護者ばかりでした。

とても素敵な親子を見てきて、何度も心温まる経験をさせてもらいました。
親子の愛は、この世で最も固い絆で結ばれていることを実感しましたし、
同時に、自分の両親にも心から感謝するようになりました。

様々な親子を見てきたわけですが、どの親も子どもの幸せのことを考え、子どもに幸せになってもらいたい、という気持ちで溢れていました。

しかし、その気持ちが強すぎるが故に、愛が凶器に変わる瞬間も何度も目撃しました。



最も多い場面が、子どもの勉強に関して。

「なんでこんなこともできないの!!」
「ちゃんと勉強しなさい!!」

といったくらいならまだマシで、

「あなたは何をやってもダメね」 

といった人格を否定する言葉を投げかける保護者もいました。

これらはきっと、「我が子のため」と思っての言葉だと思うのですが、こういった親の言動によって子どもが傷つき、チャレンジ精神を失い、自信までも失ってしまうことも多々あったのです。
当然、親子間に亀裂が生じることもありました。

子どもを励まし、失礼ながら、時には保護者様に注意をさせていただくこともありました。

「親子の問題」と言われたらそれまでなのですが、どうにかして親子の良好な関係を保てないものかと、ずっと考えていました。 

◆モンスターペアレントができるまで

モンスターペアレントという言葉があります。昔アメリカで「ヘリコプターペアレント」という言葉で生まれました。
子どもの上空をヘリコプターのように旋回しており、有事の際には緊急着陸してくるというところから来ています。
(うまい!)

さこだは実は、モンスターペアレントは大好きです!
モンスターペアレントという言い方に関する是非は一旦置いといて、こう呼ばれる親というのは、単に我が子に関して熱いだけなんです。
かわいい我が子のことを考えて、ついつい熱くなりすぎてしまうだけなんです。
熱いのは良いことです。そもそもこう呼ばれることは、親だけに責任があるとは思いません。

親が正しく子どものことを理解して、色々な正しい知識を得ていけばいいわけであって、それを得る機会が少ないがために起こる現象だと思っています。

表現が適切でないかもしれませんが、モンスターペアレントとは、
「可愛い我が子のために熱くなりすぎてしまうが、大切なことを知る機会がなかった親」
という風に、さこだは感じでいます。

本質的には、我が子のことを愛しているわけですから、当然さこだもそんな保護者の方は大好きです。
一日何時間も保護者と面談や電話をすることも日常でしたが、子どもの現状や受験のアレコレなどをできる限り伝えてきたつもりです。

じゃあ、どのような過程でモンスターペアレントと呼ばれるような親になってしまうのか。

◆モンスターペアレントの作り方

(例)あるお母さん。
「うちの子は、開成に入って、東大にいって、ゆくゆくは一流企業でしっかりと働いて不自由の無い生活を送ってほしいわ。とりあえず大手進学塾に入塾させれば大丈夫だわ。」と、大手進学塾の門を叩くわけです。

大手進学塾は、授業の内容、宿題の量などが小学校の学習内容とかなり乖離があるため、それ相応の準備をしてこなかった子どもは当然戸惑うわけです。

「あなたはここで勉強して、開成に入るのよ!」なんて言われても、
子どもからすれば「かいせい??」となっているのですが、そんなことはお構いなし。

塾に入れるのですが、それまでの準備をしてこなかったので授業には中々ついていけない。
なのに、塾に行かせ続ける。
そもそも、その子が開成に向いているかもわからない。というより、一流企業でサラリーマンとして働くことを子どもがいいと感じでいるかわからない。というより、まだ小学生がそこまで考えられない。
成長の過程の中で、自分がやりたいことを見つけられるよう思考力を鍛えさせることが大切なのです。

お母さんの期待は大きいので、授業について行けなかったり、成績が上がらなかったりすると、もう我が子の将来が不安でしょうがなくなるのです。

「他の子はできてるのに・・・」
「この子は実は勉強ができない子なんじゃ・・・」

そんな気持ちが強くなる。そして、子どもに辛辣な言葉を無意識にかけ出す。

せっかく子どもが頑張って勉強に取り組んでいても、その努力の姿をちゃんと褒めてあげず、点数を見て一喜一憂。

さらに、
「こんなに私が頑張っているのに、なんでなの?!
 塾の教え方が悪いんだわ!
 いや、そもそも小学校でちゃんと勉強を教えているのかしら??
 基礎的なこともうちの子はできていないじゃない!」
と考えるようになり、モンスターペアレントの出来上がりです。

ここに、旦那様のプレッシャーや、姑さんからの愚痴などが入ればお母さんのストレスは爆発寸前。

行き場のないストレスはどれだけ隠しても、子どもに伝わってしまい、
「僕(私)のせいで、お母さんが・・・」
となってしまう。

お母さんは塾に電話をかけ、学校に押しかけ、なんとか現状の改善を試みる。
しかし、モチベーションを削がれた子どもはもう・・・
 
◆勉強を通して、親子コミュニケーションを!

上に述べた例は、あくまでも一例ですが、共通して言えるのは、
「親はわが子のことが可愛いがゆえに、暴走してしまう」
ということです。

モンスターペアレントなんて呼ぶと、どこかお母さんに非があるように聞こえてしまいますが、
子どもが可愛いんだけです。子どもへの愛があるんです。
誰も悪くないんです。

モンスターペアレントが生まれる原因はどこにあるのか。
さこだは以下の3つ要因があると考えています。

1.親子コミュニケーションの不足
2.親が子どものことをよく知らない
3.子どもに現状に合わない環境に入れる

親子コミュニケーションの不足により、親が子どもの興味があること、性格、適正などを把握しきれず、無理な階段を登らせてしまい、子どもが挫折。子どもの成績、意欲の停滞により、お母さんが変身する、という流れです。

まず、お母さんの「開成に入れて」という選択。これについてもっと深く考える必要があります。
ただ東大に入れるだけなら方法はいくらでもあります。
ひょっとしたら「自分の子が開成だったら、私も鼻が高いわ」などと考えている可能性が、知らず知らずのうちにあるのかもしれません。

この辺りは親子でコミュニケーションをしっかりととらないと適性はわかりません。塾に丸投げで、勉強のことに無関心では余計に我が子のことがわからず、親の理想と子どもの能力に愕然としてしまうわけです。

また、もし本当に塾などに入れるのであるならば、その子の性格と現状の学力に見合ったところに入れてあげないと苦労します。
「親のプライド」なのか「我が子のため」なのかはさておき、
本当に開成に入れたいならば相応の準備をしなければいけないわけです。

子どもの現状と、社会の現状を正しく知れば、こうなることはないのですが、それを伝えるものが少なすぎる。

さこだは、事業を通じて、
・お母さんのストレスを取り除き
・親子のコミュニケーションを増やし
・子どものこと、受験、社会のことをよく知ってもらいたい

と考えています。

当然、まだまださこだも知らないことばかりですが、なんとかこの思いをカタチにして、
幸せになる親子が増えてほしいと心から思っています。

この辺りの話は、明日の記事でUPいたします。

明日も読んで下さい!
 にほんブログ村 子育てブログへ



 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>