【おやじから学んだ理科】焼酎を入れる

こんにちは、さこだこうきです!

センター試験も終わり、大学受験生は私大・2次試験に突入して行きます。
中学受験・高校受験もスタートし、来月までは全国の受験生達がせっせと最後の追い込みをかける時期です。

受験はとても大変です。それは年齢・大学を問わず。
しかし、ここから得られるものはとても大きいと思います。是非頑張ってほしいです。

さこだは正月太りから脱却しつつあります。ここ2年程、体重の変動が激しく、
73kg(2012年)→57kg(2013年)→67kg(先週)
といった感じでした^^;
ようやく3kgほど落とし、64,65kgあたりまできてます。

最近は、大好きなお酒を断ち、なんとか減量に努めている毎日です。

さて、変なタイトルのエントリーではあるんですが、さこだはお酒の中でも芋焼酎が大好きです!
鹿児島出身というのもあり、お酒を飲むときは必ずと言っていい程芋焼酎を飲みます。

当然この遺伝子は我が父から受け継いだものであり、父も芋焼酎が大好きです。
(というより、父の影響で好きになったのか。)

幼少期、父が焼酎がお湯割りで飲む姿を見ながら、少年さこだはとあることに気づきました。

「お父さんは、絶対お湯を入れてから焼酎を入れてる・・・」

お湯割りを作るときは、まずグラスにお湯を入れ、後から焼酎を入れるのがルールです。
この不文律を犯すと、必ずおじさま達に叱責されます。

少年さこだは、「なぜお湯から入れるのか」いろいろと考えていました。
そのときに、あることを思い出したのです。

お風呂に「追い炊き」って機能がありますよね?
ぬるくなったお湯に後から熱いお湯を足す機能です。

家での風呂当番は少年さこだと決まっていたので、よく追い炊きをしていたのですが、そのときにとあることに気づきました。

『湯船の中のお湯は、上の方が熱くて下の方が冷たい』

ということに。そのとき「焼酎お湯割り」と「追い炊き」が結びつき、「お湯割りは、お湯から入れる」法律が制定された意味がわかりました。

そうなのです。先にグラスに入れたお湯は、対流によって上昇しうまく焼酎と混ざるのです。
だから、お湯から先に入れるんだ、と。

日常の生活から、発見すること・考えること・学べることはいっぱいあります。
子ども達には、積極的に色々なお手伝いをさせ、学ばせてあげたいですね。

 にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ

最新の動画はこちらから!
YouTubeチャンネル YouTubeチャンネル
YouTubeチャンネル

親子コミュニケーションのティ・アモも是非!
ママのための教材 T-aMo ママのための教材 T-aMo
ママのための教材 T-aMo

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>