「食品偽装問題」って、だからどうしたの?

こんばんは。さこだこうきです。

最近のニュースで、とにかく流れ続けてる「食品偽装」問題。
テレビのニュースはこればっかりで、もう正直どこが何を偽装してたかなんて覚えちゃいません。
「赤信号みんなで渡れば怖くない」と言わんばかりに、次から次へと発覚する新しい偽装ニュース。
ダチョウ倶楽部さんもビックリなくらいの連鎖が続いています。
中には、「えっ?こんなのイチイチ発表しなくてよくない?」っていう程度の物もあるんですが、
これだけメディアが騒いでると
「社長!やはりうちも、『おふくろの味』と唱ってた料理も、実際はおっさんが作ってるんで謝罪しましょう!」
となっていくんでしょうね。
実際には、騒いでるのはメディアだけで世間一般の人はそこまでなんとも思ってないんじゃなかろうか。

ということで、この類いのニュースが如何に無意味なのか、ちょっと書いてみたい。

先に断っておくと、このニュースの特徴は「高いカネ払ってるのに、安い材料じゃないか!」ってとこがポイントで、「食の安全問題」とは切り離して考えます。

◆何に対してお金を払っているのか
この手のニュースに関して、「何を騒いでるんだ?よっぽどメディアは暇なのか?」と思わざるを得ないです。
なぜなら、「芝海老だろうが車海老だろうがブラックタイガーだろうが、食べてるときには気づかなかったんでしょ!!」
とツッコミたくなるから。

たとえば、料理を食べてる途中に
「んん?キミ、ちょっと料理長を呼んでくれたまえ。」
「あなたが料理長ですか?ちょっと聞きたいんだが、これは本当に芝海老かね?私はバナメイエビだと思ったのだが実際はどうなんだい?」
「なに?!やはり芝海老ではないのか!このヤロー騙しやがったな!!訴えてやる!」
という流れでの発覚なら気持ちはわかるんですが、そんな海原雄山なみの舌をもっている人なんかごく少数なので、
はっきりいって「うまけりゃどっちでもいいじゃん!」と思うわけです。

気づかなかったんでしょ?
「やっぱりここのレストランは美味しいわよね〜。まぁ!このエビぷりっぷり!」
なんて言いながら、安いバナメイエビを満足して食べてたわけじゃないですか。
その満足感の対価として料金を払うわけであって、別に問題ないじゃないですか。

お金を払うのは、材料に対してではなく「全体的な満足度」に対してだと思うんですよ。
料理とその時間に対して、適正な価格だと思えば、それでいいのでは?

というより、気づかなかった自分を棚にあげて「料金返して!」なんて、
さこだは恥ずかしくて言えない・・・

◆もはや「暇なの?」としか思えない報道
日本のニュースって、どれも取るに足らないことを大々的に流しすぎな気がする。
たとえばBSE(狂牛病)問題。
「なんでこんなんで騒いでるんだろ?」と、鼻くそほじりながら当時高校生のさこだは思ってました。
私が無知だった可能性も否定はしませんが、今になってちゃんと調べてみると、やはり「どうでもいい」
問題でした。
このどうでもいい問題のせいで、さこだの大好きな焼肉屋はガラガラになり、吉野家は豚丼で乗り切り、
ビーフコンソメは消えたわけです。経済損失は計り知れず、こんなことで牛肉の輸入を停止したりする政府に
失望した記憶があります。

なぜ、実際の信頼できるデータやロジックを用いず、感情論だけでものを考えるのだろう?

メディア受けするニュースは基本的に
「起こす可能性が低く」「被害規模も小さいが」「目新しいモノ」を大々的に取り上げます。
こんなことで悩むなら、大気汚染や交通事故など、被害に遭う可能性が比較的高いモノを
真剣に考えるべきだと思うんですが、まあこういうのはニュースにならないですもんね。

メディアは取り上げない、「みんなが知っているが」「被害に合う可能性が高く」「被害規模も大きい」
ことについて、もっともっと真剣に考えていくべきなのではないでしょうか。

↓ぽちっとご協力お願いします!
にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村

【おススメの本】社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった

こんばんは!さこだこうきです。

今回から定期的に、さこだが読んだ本で面白かったものを紹介していきます。
さこだは、毎週だいたい2〜3冊の本を読んでいます。あんまり多くはないんですが、
結構な年数これを続けているので、そこそこ読んだ本のリストが溜まってきました。

さこだも改めて本を読み返すと、読んだ当時とは違う解釈があったりするので、
自分の記憶の整理も兼ねて書評を書いていきます。

記念すべき第一回目はこちらの本
51Ue2j69scL._AA300_
「社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった」
(KOU BUSINESS)香取貴信

【ジャンル】仕事・感動
【対象】高校生以上ならどなたでも

◆「働くこと」の意味をはじめて知った本
さこだがこの本を読んだのは、高3の秋でした。通っていた予備校の事務のお姉さんが「これ面白いから読んでみて!」と薦められた本です。
当時あんまり本を読まなかったさこだですが、この本を読んだことで「働く」ということについて深く考えられたと思います。
仕事があまり楽しくない人、自分のやりたい仕事が見つからない人、まだ働いたことのない人、是非読んでみて下さい!
「こんな仕事をしてみたい!」と思えるはずです。

◆ディズニーランドでアルバイトをしていた人が著者
ディズニーランド系の本は数多く出ていると思いますが、この本は実際にディズニーランドでアルバイトをしていた人が書いています。
「彼女がディズニーが大好きで、彼女のために『ねずみのキャラ』の中に入って、好きなだけ写真を撮らせてあげたい」という単純な動機でアルバイトに募集したヤンキー少年のお話です。
パーク内で起こる様々な出来事や、そのときの人間関係などがユーモアを交えて描かれています。
「働くこと」「残業」「上司・先輩とは」「夢」など、とても深く考えさせられます。
ヤンキー少年と愉快な仲間たちとのやり取りは、読んでいてとても面白く、一気に読み込んでしまいます。

◆ぜひ、若い人に読んでほしい
さこだは、かなり真面目に働く方です。サービス残業もガンガン引き受けていました。
そういったさこだの働く姿勢に間違いなく影響しているのがこの本です。
いま「サービス残業」や「ブラッック企業」について様々な問題がメディアに溢れています。
当然、企業側の責任も重い部分があるとは思いますが、さこだは「働く方」にも多少の問題があるのではないかと認識しています。
そもそも働くってどういうことなのか?そういったことを考える意味で、ぜひ、働く前の若い人たちに読んでほしいと思います。
高校生〜大学3年生にとってこそ、この本は向いている気がします。

しかし、改めて読み直してみると、耳の痛いことが書いてある・・・
さこだも改めて、「働くこと」を思い返してみようと思います。
にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村
 

さこだはヴァンパイアになりました。

こんにちは!さこだこうきです。
先週は様々なイベントがあり、なかなか慌ただしい日々でした。

先週10月31日。ハロウィンパーティを行いました!
といっても、さこだは何にもしてなくて、幹事の二人が一生懸命準備をしておりました。

こちらが、この幹事お二人。

IMG_0165

そして、この幹事さん達のハロウィン企画は
「ハロウィン×大喜利」
という、なんとも不思議なテーマでした笑

IMG_0115

欧米のイベントであるハロウィンと日本の娯楽である大喜利を掛け合わせるという斬新な企画!
さこだの回答がすべっていたことはおいといて、とても楽しい会になりました!
幹事さんありがとう!!

当然、ハロウィンということで、さこだもコスプレやりましたよ。
皆のおもちゃになったさこだがこちら。はじめて化粧をさせられました。。。

IMG_3745 IMG_3749IMG_0055

さこだはヴァンパイア(吸血鬼)になりました。
小さい子どもが、リアルに怖がっていました。ごめんなさい。

何からなにまで、みんが準備してくれて、そして楽しんでいたので、
さこだもとても楽しい一日でした。
来年もまたハロウィンパーティができるよう、さこだもお仕事頑張りたいと思います。

皆さん、11月になり寒くなってきました。
風邪を引かないよう、残りの2013年も楽しみましょう!

DSC_0085(集合写真)
IMG_0015(さこだのいとことその彼氏)
 DSC_0083(ベストドレッサー賞)
IMG_0047(シャンパンタワー)
 IMG_0068(魔女と吸血鬼)